VICTOIRE広島 ホームブログ杉山 文崇 ▶ FENIX SLのここがすごいC

ブログ

FENIX SLのここがすごいC

FENIX SLのここがすごい第4回です。
今回はヘッドチューブを見ていこうと思います。
FENIX SLは上下異径で、上よりもフォークに近い下側が太くなっています。

ちなみに上が1ー1/8インチ下が1ー1/2インチになっています。
基本的にはパイプ形状は太い方が剛性が高いので力が加わりやすい下側が太くなっています。これはRIDLEYが先がけて採用してきた規格なので造形も完成度が高くてかっこいいですね‼

トップチューブとダウンチューブのつながりもエッジが効いててかっこいいです‼
昔は上下とも1インチが普通でしたが、最近のカーボンフレームは上下異径が標準になってますね。

2018.2.10

過去の記事