VICTOIRE広島 ホームブログ谷 順成 ▶ 違う視点

ブログ

違う視点

こんにちは〜。

違う視点から考えることも大切だ、、、



こんな言葉は何度でも、何歳になろうとも聴く言葉です。
似た言葉でいえば、主観ではなく客観的に見ろという言葉も何度だって聞くでしょう。


みんなが言うから大切なんだろう。
しかし、なぜそれが大切なのか説明できるでしょうか?

もし、自分が誰かにそれをアドバイスしたとしたときに、「何でそうした方がいいの?」
と質問されたらなんて答えるか?


僕なら問題解決の手段だからと答えるでしょう。



例えば、誰かと待ち合わせをするとする。

待ち合わせ場所にこのような像があれば、この像を目印にするでしょう。

自分が待ち合わせ場所に着いたのなら、きっと相手にこう連絡するでしょう。
「鯛を釣ったエビスさんの前にいる。」

すると相手から返信が来る。
「こっちも着きましたよ。ガッツポーズしてる像の所にいます。」


周りを見渡してもそんな像は見当たらない。
これでは会うことができない。

ここで、エビスさんの像を見て、考える。相手もこの像のことを指していたのではないのか?

そして、エビスさんの後ろ側にまわると、相手がいて、無事に合流することができた。

相手からはエビスさんがこう見えていたため、ガッツポーズをしているように見えた。

僕は違う視点とは実はいろいろあると考えます。
上記は完全に作り話なんですが、エビスさんの前と後から見るというのは、一つの対象物に対していろんな角度から見てみることであり、相手が何を見ているのか考えるということは、対象物を見る別の視点を考えることであり、違う視点にもいろいろあると言えます。


しかしどちらも、相手と合流するという目的を達成するための手段となっている。つまり会えないという問題を解決する手段となったのです。

よって、僕は違う視点から見るというのは問題解決の手段だと答えるでしょう。


選手には日々問題があります。
例えば、疲労を感じた場合。安易に練習による疲労と考えてはいけない。最近僕は毎日の就寝と起床時間、睡眠時間を書いて、目で確認するようにしています。

そうすると、疲労が練習から来ているのか、睡眠不足から来ているのか分かり、睡眠不足から来ているのであれば、そこを改善出来れば、問題なく、練習を予定通りできるからです。


だからこそ、違う視点というのは大切なんでしょう。

2017.11.10

過去の記事