VICTOIRE広島 ホームブログ白川 幸希 ▶ 結局はไม่ เป็น ไร

ブログ

結局はไม่ เป็น ไร

昨日は自走で温泉♨に行って空港に来ました。
僕のタイ合宿もとうとうおしまいです。
今回の合宿では様々なことを学ぶことができ、タイならではの練習や、普段なかなか聞くことができないお話を聞いたりなど、とても有意義な合宿でした。

荷物検査、リュックの横にリカバリーローラー突っ込んでいたら🙅されました
でも没シュートされなくてよかったです。(笑)

そして空港では安定のパニック。
バンコク→関西空港のBOARDING TIMEが22時35分。
でもバンコクに着いたのが22時20分→パニック
ターミナルに着くのが22時30分。→パニック
次入るゲートは空港で聞くパターンのやつで書いてない。
→もうわやじゃ(笑)

とりあえず走った。
エスカレーターみたいな速く歩けるやつの上を全力で走った。
そしてA5ゲートという情報を得た。
空港の人に聞いたけど看板はその人の指した逆方向を指していた。
僕は看板を信じた。
そしてただただ全力で走った。
「ダメだったら自転車でまたチェンライに戻ろう。」
と思ったけど荷物はもう預けている。
もう行くしかなかった。
荷物検査はNo Time!No Time!と叫ぶ僕の噴き出した汗に免じて前に入れてくれた。

でも全然間に合った。
なぜなら22時35分発ではなく、あくまでもそれはBOARDING TIME だったからである。
かなり余裕を持って飛行機に入れた。
そして僕は下を向いていた。
なぜなら全くNo Timeではなかった僕に、順番を譲ってくれた方々に合わせる顔がなかったからである。

今度は1人でも修学旅行の時みたいに何の心配もする事なく飛行機に乗りたいです。
帰るまでがタイ合宿。
関西空港で琴の音楽を聴いてそういえばお正月だったなと感じています。
これから岡山にかえります!
合宿に参加された方々本当にお世話になりました。


おしまい。
٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

2018.1.05

過去の記事