VICTOIRE広島 ホームブログ白川 幸希 ▶ みどりのヤエバオー ACT.3

ブログ

みどりのヤエバオー ACT.3

これまでのヤエバオー↓
ACT.1:VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.1

ACT.2:VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.2


ACT.3開幕!春のクラシック‼
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『きらら浜サイクルミーティング』
『西日本チャレンジロード』
『もみじロードレース』



3月から4月中旬にかけて行われるこの3レースは、



『春のクラシック』



と呼ばれ、
(勝手に呼んでる)



シーズンの始まりを告げるそれらのクラシックを制する者を、



世は



『春のクラシックハンター』



と、呼んでいた。



悪魔のXと悪魔の契約を交わした黒山 白米(はくべい)はまるで何かに取り憑かれたように走り込んでいた。



そして3月上旬、



きらら浜サイクルミーティングのスタートリストには黒山 白米の名があった。



悪魔との契りを交わした白米と悪魔のXは圧倒的だった



もがけばリアタイヤからは黒炎が上がった。



もみじロードレース。



彼らの魔力はさらに増し、



悪魔のXに魅せられた多くの命知らず達が挑んできた。



魅せられた者はもう、



踏むしか無かった。



結果は言うまでも無いであろう。



『まるでバイク自身が意思を持って走っているようだ。』



観る者は皆、



口を揃えてそう言った。



西日本チャレンジロード。



白米と悪魔のXを一目見ようと多くの人が集まった。



広島中央森林公園のコース。



最終コーナーを立ち上がり先頭でホームストレートに飛び込んできたのはやはりあのコンビだった。



くるーっ!



圧倒的な速さで!



まちがいないーっ!



ーっ!



きたあーっ!



悪魔のXーっ!








白米の操るそのマシンは



まるでくるおしく



身をよじるように



走るという



それは同時に



誰も乗りこなせないマシンだった。



あれは、



この次のレース、



3月末の修善寺での事だった。

📸Photo:©YOSUKE SUGA
※写真はイメージです。

新火曜ブログ『緑のヤエバオー』



ACT.3 開幕!春のクラシック‼ fin



つづく・・・



お し ま い
٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

2018.10.23

過去の記事