VICTOIRE広島 ホームブログ白川 幸希 ▶ みどりのヤエバオー ACT.10

ブログ

みどりのヤエバオー ACT.10

これまでのヤエバオー↓

ACT.1VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.1

ACT.2VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.2

ACT.3VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.3

ACT.4VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.4

ACT.5VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.5

ACT.6VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.6

ACT.7VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオーACT.7

ACT.8VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオーACT.8

ACT.9VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐みどりのヤエバオー ACT.9

ACT.10 もう少しのデジャヴ

現在の状況

先頭
黒山 白米(ボンソワーレ岡山)
黒野 炭一(Team Forever Attack)
↓30秒
一文字 花道(チーム直線ロケット)

↓2
↓分

鎧塚(銀龍会自転車部)
東パラアシストNo.1(東京パラダイス大学)
祭林(東京パラダイス大学)
鬼頭(銀龍会自転車部)
大尻男=デカプリオ(欧州戦士)

↓45秒
六本木(東京パラダイス大学)
京極(山王会自転車部)
東郷(山王会自転車部)
欧州戦士1名
帝国大学2名
強がりサドルレーシングチーム1名
魔呂(東北魔術大学)
カルロス工業大学1名
里山忍術大学1名

※以降のメイン集団は諸事情により省略。(笑)



先頭は渋川海岸線へ突入した。



県道430号線。



右には王子が岳や瑜伽山、左は瀬戸内海の島々が見えるこの道は西から東へ爆風が吹き抜ける事がある。



今日のコースはこの430号線を真西に突き進むコースであり、今日は運悪くその爆風の日であった。



黒野『おい白米、この平坦はどこまで続くんだ⁉』



白米『まだしばらくあるよ!』



黒野『そうか。』



2人は爆風の中淡々とペダルを回した。



2人の息はあっておりそれは綺麗なローテーションである。



この綺麗な隊列は1人分の空気抵抗で2人分の脚が確保できる。



2人はこの辺りの小学生が海の学習でお泊まりする渋川青年の家を通過していった。



そしてその2分後に追走の5名。



銀龍会と東パラ大両チームのアシスト2人がローテーションを回しエース2人は後ろ固定なのでデカプリオはまだ気づかれていない。



それまた45秒後に10名の追走。



脅されて先頭を引いていた六本木(東パラ大)も精一杯引いていたが前との差はつまらない。



やがてオールアウトして集団から千切れていった。



しかしこの集団には
・山王会自転車部
・欧州戦士
・帝国大学
・強がりサドル
・東北魔術大
・カルロス工業大
・里山忍術大
と7チーム、
逃げに乗せているチームを除いても6チームある。



つまり6チームでローテーションを回す事ができるので協力すれば1チームあたりの先頭時間は少なくなるのだ。



山王会の京極が指揮をとりじわじわと前との差を詰めるようにローテーションを回した。



この集団に2名送り込んだ山王会と帝国大学のエースはローテに入っていない事は言うまでもない。



黒野『白米ー!この平坦はどこまで続くんだっ⁉』



白米『あともう少し!』



黒野『そうか・・・』



海岸線から琴浦の市街地に突入。



観客が増えて2人のテンションも上がってきた。



児島駅方面へ突き進む。



白米がよく来ていた場所だった。



児島駅隣の橋の手前、



そこの十字路を左折したところに児島マリンプールという水泳施設がある。



勝てもしなかった競泳。



でも根性を教えてくれたのは競泳だった。



自転車に出会ったのもこのマリンプールで開催されていたトライアスロンの大会がきっかけ。



白米が毎日通った道だった。



いろんな思いがこみ上げてくる白米に黒野は言った。



黒野『この平坦はいったいいつ終わるんなら?』



白米にはそんな事どうでもよかった。



もう答えるのがめんどくさかった。



白米『もう少し!』



何も考えずそう言っておいた。



黒野『ん?この言葉さっきも聞いたような・・・デジャヴ?』



黒野はもうキツくて頭がおかしくなり始めていた。



ジーンズ発祥の地であり、ジーンズストリートが近くにある児島駅を通過して児島競艇場を過ぎる。



まだ直線が続きいっこうに平坦は終わらない。



黒野『まだか⁉』



もうひつこいので白米は黒野の頬をどついた。



黒野『はっ!あぶないあぶない、暑さにやられていたようでデジャヴを見ていたようだ。はっはっは。(笑)』



先頭
黒山 白米(ボンソワーレ岡山)
黒野 炭一(Team Forever Attack)

↓1
↓分

鎧塚(銀龍会自転車部)
東パラアシストNo.1(東京パラダイス大学)
祭林(東京パラダイス大学)
鬼頭(銀龍会自転車部)
大尻男=デカプリオ(欧州戦士)

↓15秒
京極(山王会自転車部)
東郷(山王会自転車部)
欧州戦士1名
帝国大学2名
強がりサドルレーシングチーム1名
魔呂(東北魔術大学)
カルロス工業大学1名
里山忍術大学1名


↓5分


一文字 花道(チーム直線ロケット)

以降諸事情により省略。

新火曜ブログ『みどりのヤエバオー』



ACT.10 もう少しのデジャヴ fin.



つづく



お し ま い
٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

2019.2.05

過去の記事