VICTOIRE広島 ホームブログ白川 幸希 ▶ 根性大陸 密着ファイルNo.003 C

ブログ

根性大陸 密着ファイルNo.003 C

前回の根性大陸↓
VICTOIRE広島|ブログ‐白川 幸希‐根性大陸 密着ファイルNo.003 B

※この投稿の雰囲気上の都合により呼び捨てになる場合がございますが、本人の許可を得ております。ご了承ください。



人が何かを始めるきっかけは案外単純なことが多い。
谷がサッカーを始めるきっかけもそうだった。

バレーボールに別れを告げた谷は親友がしていたサッカーに興味を持ち、ゴールキーパーとしてピッチに立つようになった。

バレーボールに勝つことだけを求め厳しい環境に身を置いていた谷少年にとって、楽しむ余裕のあるサッカーはただただ楽しかった。

『きっと性格なんでしょう。』
そう語る谷。
谷少年の夢は自然と日本一、プロ選手になることになっていった。

『僕のサッカー人生は順調に進んでいたと思います。』と話す谷。

県大会で優勝し、愛知、岐阜、三重、静岡の4県で争う東海大会でも優勝。中学3年生の時にはセレッソ、サンフレッチェ、愛媛FCなどのJクラブを破り全国ベスト8まで勝ち進んだ。

そして冬の選手権に出場するため県内強豪校へ進学する。
しかしこの高校3年間は上手くいかなかったと谷は話す。

『自分の思ったようなプレーができず、だんだんサッカーが楽しいと思なくなっていきました。そして3年生になり最後のインターハイと選手権。どちらも県大会決勝で敗れ、全国大会出場を逃しました。さらに最後の選手権の県予選では準決勝以降試合にすら出ることができず、本気でやってきたサッカーの最後の試合はベンチで過ごしました。全てが終わって、やり切ったとかはありませんでした。ただもうやりたくないと思うだけでした。』

「君らは県大会で負けて悔しい思いをしてきた、その悔しさは忘れず、この悔しさをバネにしてこれからの人生に活かしていってほしい。」

卒業式の日、サッカー部の先生からの言葉。
谷の心には今でもしっかり残っていると言う。

『ただ楽しくサッカーがしたい。』
そう強く思った谷は岐阜を出て大阪の大学へ入学。サッカーサークルに入り楽しく大学生活を送っていた。

しかしその年の秋、谷は運命の一冊と出会う。

※谷自身のTwitterより。

『サクリファイス』
この一冊が一般人に戻った谷に、忘れていた何か大切な感覚を再び思い出させた。

自転車ロードレース。
彼の運命の歯車がゆっくりと、
回り始めた瞬間だった。


根性大陸 密着ファイルNo.003 C(coming soon)へ続く。



お し ま い
٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

2019.12.01

過去の記事