ブログ

群馬よ

群馬に行ってきた。

レースのグレードが高く、完走を目指したものの、初日リタイア、二日目落車だった。
これが今の実力。
色んなこともあるけれど、突き詰めれば単純に弱い。

今季初のJPTレースは良いとこなし。
遠く群馬まで行って手に入れたのは、左膝の痛みと指の怪我、そして襲い来る疲労。
あとは、このままではいけないという危機感。

強くなりたいから、強くなる。

2017.4.25

挑む立場と挑まれる立場

日曜は島根県で行われたサクラオロチ湖ロードレースに出場してきました。
チームからは私と杉山選手。
出走メンバーを見る限り、是非ともワンツーフィニッシュを狙いたいところ。

事前の打ち合わせでの内容
・理想はワンツーだが、無理ならどちらかが優勝
・常に先頭集団にいること
・調子のよい杉山選手が三人以内で逃げたときは集団待機
・4人以上なら西川もブリッジしていく
・注意すべき選手は白川選手

リアルスタート後、散発的にアタックがかかるなど強度高めで進む。
これは序盤から消耗戦。
二周目の下りで早くも7名で抜け出しかけるも、集団は必死に追いついてくる。
ローテする選手、ついているだけで精一杯であろう選手、アタックする選手。
かなり脚の差がはっきりしてきた。
杉山選手から三周目の上りでアタックしましょうと提案。
キレのあるアタックというよりは、力なき者をふるい落す走りをして5名。
ローテして後続との差を開き、逃げ切りを意識したゆるいペースに。
杉山選手からスプリントいけるかと聞かれたので、いけると答える。
そんなわけで最後のスプリントに意識を集中させる。
残り一周に入って白川選手がアタックするも、まだ早いと思い見送る。
上りは周りが消耗しすぎないようなペースで走り、4人で追走。
差がつまらず、焦るも時すでに遅し。
逃げ切られた。
最後のスプリントは松山の高校生のロングスプリントがキレキレでつけずに3位となった。

途中までの展開はしっかりとコントロールでき、5人逃げを形成できたものの、結果は3位と5位。
これはいただけない。
白川選手は走れていたけれど、もっと積極的にいけば勝てたレースだったと思う。
勝たなければいけないと、守りに入りすぎた。

プロツアーの選手として、今回は挑まれる立場だった。
今週末は群馬。こちらは、挑む立場だ。
チームオーダーもあるだろうが思いっきり走りたい。

口内炎は、妻から渡されたビタミン剤を飲んでたら治った。
ど、ドーピングじゃないんだからね!

2017.4.18

ちょっぴり切ない

四月に入り、新年度が始まりました。
仕事の方では、2年1組の担任と野球部の主顧問となりました。
今日決まった学級スローガンは「全力投球〜挑戦し続ける1組〜」
2年1組のメンバーとして、いろんなことに挑戦し続けたいと思います。

中学校の教員になって三年目。
ヴィクトワール広島の選手としても三年目。
なぜか、三年というのは一つの区切りというイメージがあります。
三年目の自分に期待です!

出会いと別れの季節。
春はちょっぴり切ない。
そして、口内炎が痛い。

2017.4.11

ゴジラに面白さの真髄をみた。

映画をみました。
シンゴジラ。

内容の半分ぐらいわけわからなかったのですが、これが面白かった。
面白かったので、次の日もう1回みました。
妻は呆れていましたが。

ロードレースも似たような部分があるかもしれません。
最初は、わけがわからない。
だけど、なんか凄い。ワクワクする。
もっと知りたい。
知ればその奥深さにどんどんハマっていく。
本来、何事も面白さというものはこういうことかもしれません。

季節は春。
膝も股ずれも良くなった。
ありがとう、春よ。

2017.4.4

焦りは禁物なんよ

気がつけば3月も終わり。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

チームメイトではジュンセイが西チャレ4位、宇都宮ロード10位と結果を出しています。
パワーデータなどから、すごいポテンシャルを秘めているのはわかっていましたが、まさかこんなに早く結果を出してくるとは。
これはおじさんも若者に負けてられませんぞ。
ということで、最近はいつにも増して気合入れて練習していたのであります。
そして、膝を痛めたのであります。ついでに股ずれもおまけでついてきたよ。。
およよ。

何事も張り切りすぎはよくない。
適度なペースで上げていきます。

2017.3.28

過去の記事