VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2019.8.10 UCIおおいたいこいの道クリテリウム結果

ニュース

2019.8.10 UCIおおいたいこいの道クリテリウム結果
8月10日(土)、大分駅前の特設コースで1.0km×30周=30kmのレースが行われました。ヴィクトワール広島は、藤岡克磨選手の17位が最高位でした。応援ありがとうございました!
 

〈藤岡克磨選手コメント〉
 今回は、全員が個々に最後(1つでも上の順位)を狙ってみるという事で、暑さ対策をしっかりしてレースに臨みました。スタート後は例年よりもペースが遅いなと感じつつ、どこかでペースが上がる可能性もあると思い、集団内で脚を貯めていました。 桂くんや馬渡くんも前に上がって来るなど脚の状態も良さそうで、僕自身もペースが遅いのでうまく立ち回れていました。
 途中で勝ち逃げができましたが、それに付ける位置にいなかったのと、僕自身もゴール勝負になると想定していたので何もせずに待機。そのまま最後まで集団のペースは上がらず、追いつかずにゴール勝負になりました。
 自然と桂くん、馬渡くんとトレインを組む形になりましたが、最終周回に入ったタイミングで10番手付近。 桂くん、馬渡くんの順で離脱するものの、前に上りきれずにゴールへ向かったので、2人ぐらいを抜くのが精一杯でした。 結果17位でゴールでした。
 チーム的にはトレインを組んだりと自然といい流れにはなりましたが、コース的にトレインを組むならもっと前へ上がっていないとダメでした。個人的にはペースが遅いので油断しすぎたのと、トレインの位置などを判断して即座に切り捨てるか、声をかけて前に上がってもらうぐらいの行動をしないといけませんでした。チームとしても個人としても、詰めの甘さが出てしまったかなと感じるレースになりました。
 明日は長丁場のレースで、暑さとの戦いにもなるので、しっかりと対策をしつつ臨みたいと思います。明日も引き続き応援よろしくお願いします!

▶UCIおおいたいこいの道クリテリウム:リザルト