VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2020.8.28 【バンクリーグ名古屋 結果・選手コメント】

ニュース

2020.8.28 【バンクリーグ名古屋 結果・選手コメント】
本日・8月28日(金)名古屋競輪場にて「バンクリーグ2020 Round1 名古屋ステージ」が開催されました。
新ルールになって、各チーム白熱した戦いを見せました。
 

ヴィクトワール広島はキナンサイクリングチームとの一戦。トラック競技で成績を残してきた原田と冨尾がしっかりとポイントをとり、若手の平林と西田も見せ場を作りましたが、2−3で勝利を逃しました。
マトリックスとの戦いでは、桂が先制点を取りましたが、1−3で敗退し、決勝進出はなりませんでした。

明日・明後日は、いよいよ地元広島でJプロツアーが開催されます!
無観客での開催ですが、ライブ配信で是非ともご声援をお願いいたします。


〈原田裕成選手 コメント〉
今回はスピード系の選手をセレクションしレースに挑みました。
結果はマトリックス、キナンに全戦全敗を喫してしまいました。
レースでは積極的な場面もあり格上チームからポイントを取る場面もありましたが、戦略的なところでチームでの協調をとる事が難しく後手を踏む場面も少なからずあり、それが敗因に繋がりました。
個々の積極的な動きにはまだまだ可能性を感じるので、この反省を今後のバンクリーグに活かしていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

〈バンクリーグ2020 Round1 名古屋ステージ結果〉
西リーグ
1位キナンサイクリングチーム 2勝0敗
2位マトリクスパワータグ 1勝1敗
3位ヴィクトワール広島 0勝2敗

東リーグ
1位 宇都宮ブリッツェン 2勝0敗
2位 愛三工業レーシングチーム 1勝1敗
3位 那須ブラーゼン 0勝2敗

優勝:キナンサイクリングチーム