VICTOIRE広島 ホームロードレースとは ▶ ロードレースの選手について

ロードレースとは

ロードレースの選手について

脚質(きゃくしつ)って何?

ロードレースの選手は、体型や筋肉の質、テクニックや性格などによって得意・不得意があります。それぞれの得意分野を表す分類が「脚質(きゃくしつ)」です。プロフィール欄に記載されていることが多く、各選手の特徴がわかります。

◎スプリンター
瞬発力があり、ゴール前に一気にスパートをかけて優勝争いをするタイプです。
筋肉質で大柄な人が多いのは、瞬間的にトップスピードまで上げるにはかなりの筋力が必要だから。筋肉量が多いため体重が重く、上り坂を苦手とすることが多いです。

◎クライマー
坂を登ることを得意とするタイプ。上り坂では重力に逆らって進まなければならないため、体重が軽い小柄な人が多いです。小柄な分パワーは落ちるため、平坦な道では体格の良い選手より不利になる傾向があります。

◎ルーラー
平坦な道を一定スピードで走り続けるのが得意なタイプ。レースでは、積極的に集団より前へ出て逃げ集団(先頭集団)の一角をなすことが多く、メイン集団に留まった場合はチームの先頭を走って風よけになるなど、主にアシストとして活躍します。ゴール前ギリギリまでエースを牽引して最後のスプリント勝負を有利にさせる他、チームメイトが戦いやすいようペースをコントロールするなどの役割があります。

◎パンチャー
登りと平坦どちらのコースでも瞬発力を発揮するタイプ。平地でのダッシュ力が身上のスプリンターと登りを得意とするクライマーは相反する存在ですが、両者の特性をバランスよく持っているのがパンチャーです。山登りというより坂を駆け上がるのが得意なタイプなので、短い上り坂が多い、細かくアップダウンを繰り返すコースで活躍します。中肉中背な選手が多いです。

◎TTスペシャリスト
ルーラーと同じく、平坦な道を一定して高速で走り続けるのが得意なタイプ。巧みなテクニックを持ち、コンマ1秒単位でタイムを短縮していける職人肌。ルーラー同様、チームの牽引役として力を発揮するほか、スタートからゴールまでのタイムを競うタイムトライアル(TT)で活躍します。「クロノマン」と呼ばれることもあります。

◎オールラウンダー
平坦や上りなど、どんなコースにも対応できるタイプ。全ての力をバランスよく兼ね備えています。ステージレース(数日間にわたって複数ステージのレースを行い、全ステージの累積時間で順位を争う)では総合優勝を狙うことができます。

更新日 : 2019年4月17日

「エース」と「アシスト」

個人競技でありながら、チーム全員で協力して勝利を目指す、団体競技の要素が強いロードレース。レースにはチームから複数名が出場し、それぞれが得意分野や特徴を生かして役割分担をします。役割は、大きく分けて「エース」と「アシスト」の2つです。

基本的には、チームの中で一番実力のある選手がエースとして優勝を狙います。その勝利のために手助けをするのがアシストです。
平地や坂の割合などコースの構造や当日の調子などから、そのレースで誰にエースを任せるかが決まります。レースの展開によって途中でエースを切り替えることもありますが、その場合も他の全員でエースをアシスト(手助け、援助)します。

アシストの選手は、空気抵抗を減らすためエースの前を走ったり、レースの途中で飲み物や食べ物を渡すなどして、エースが最後の優勝争いまで体力を温存できるように働きます。また、他チームの動きをけん制して、自チームが有利に戦えるよう集団をコントロールします。

更新日 : 2019年4月5日

アシストの意義とやりがい

アスリートである以上、誰もが勝ちを狙いにいく「エース」としてレースに臨みたい思いはあります。しかし、空気抵抗との戦いでもある自転車ロードレース ではチームメイトとの協力が欠かせず、各選手には得意・不得意があるため、役割分担が欠かせません。

「縁の下の力持ち」として働くことは自己犠牲のように感じられるかもしれませんが、サッカーやバスケットボールの得点につながるパスが評価されるように、ロードレース におけるアシストも、非常に重要で価値のある役割です。

チームの勝利に貢献することで達成感や評価が得られるほか、エースを目指す若手選手がアシストの選手にどう動いてほしいか指示の出し方を学ぶ機会でもあります。

更新日 : 2019年4月5日

トップ選手への道

2019年、国内最高峰のリーグ・Jプロツアーに参加しているチームで活躍する日本人選手は約160人。アジアやヨーロッパなどのツアーに参戦している選手も合わせると170人ほどが活躍しています。

小・中学生の頃から競技人生をスタートさせた選手もいれば、高校卒業後や成人したあと自転車に乗り始めたという選手もいます。こうすればトップ選手になれるという王道はなく、逆にいつまでに始めなければ手遅れということもありません。
機材を使ったスポーツであり、脚力だけでなくテクニックやメンタルも重要であるため、必ずしも若い方が有利とは言えないという競技特性もあります。ロードレースは、誰でも、いつからでも始められますし、資質や努力次第でトップ選手に名を連ねるチャンスがある魅力的なスポーツと言えます。

更新日 : 2019年4月16日

監修 ヴィクトワール広島