VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2021.3.27 【真岡芳賀ロードレース 結果・選手コメント】

ニュース

2021.3.27 【真岡芳賀ロードレース 結果・選手コメント】
本日3月27日(土)、ジャパンサイクルリーグの開幕戦「真岡芳賀ロードレース」が栃木県で開催されました。
7.6kmのコースを20周して152kmで競い、ホームチームの宇都宮ブリッツェンが1・2フィニッシュ。
ヴィクトワール広島は、内田宇海選手がレース序盤から10周ほど3名で逃げ続けましたが14周回で吸収され、阿曽圭佑選手の14位がチーム最高位となりました。
 

内田宇海選手は積極的な走りが評価され、次世代に向けて輝く走りをしたU23の選手に贈られる賞「ベストホープフルライダー賞」を受賞しました。
YouTubeライブ配信で多くの応援いただきまして、誠にありがとうございました。
  

<中山卓士監督 コメント>
今回は初戦ともあり、必ず前半に逃げに乗ることをオーダーして、渡邊、中村、内田が積極的に動き内田が3人逃げを決める。
また、勝負どころで桂、渡邊が阿曽をアシストするよう動くが、ラスト2周で力尽きた。
阿曽がチームトップの14位であった。
チームランキングこそよくない成績だがプロセスは良く、今後に期待のできる走りだった。

<内田宇海選手 コメント>
チームの為に動いてベストホープフルライダーを獲得出来たのは大変嬉しいです。
結果こそ実りませんでしたがこれからも積極的に動いてレースを盛り上げたいです。
明日はU23の総合とチームに貢献出来ればと思います。
 

<三菱地所JCLプロロードレースツアー カンセキ真岡芳賀ロードレース 結果>
1位 増田 成幸  宇都宮ブリッツェン  3:41'43"
2位 ⻄村 大輝  宇都宮ブリッツェン  3:42'03"  +0'20”
3位 Lebas Thomas  キナンサイクリングチーム  3:42'04"  +0'21"
 
14位 阿曽 圭佑 ヴィクトワール広島 3:43'12"  +1'29"
35位 桂 慶浩  ヴィクトワール広島 3:48'49"  +7'06"
37位 渡邊 諒馬 ヴィクトワール広島 3:50'38"  +8'55"

DNF 内田 宇海 ヴィクトワール広島
DNF 平林 楓輝 ヴィクトワール広島
DNF 中村 圭佑 ヴィクトワール広島