VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2021.3.28 【宇都宮清原クリテリウム 結果・選手コメント】 

ニュース

2021.3.28 【宇都宮清原クリテリウム 結果・選手コメント】 
本日3月28日(日)、ジャパンサイクルリーグの第2戦「宇都宮清原クリテリウム」が栃木県で開催されました。
雨の降りしきる中、工業団地に設けられた2.2kmのT字コースを23周して50.6kmで競いました。
 

結果は、昨日に続き、地元チームの宇都宮ブリッツェンが優勝。
ヴィクトワール広島は6人中4人が落車に見舞わるも、レース復帰して粘りを見せましたが、
過酷なレース展開に周回を重ねる毎に枚数を減らしていきました。
結果、阿曽圭佑選手が単騎で14位となりました。
2日間に渡り応援いただき、誠にありがとうございました。
  
<阿曽圭佑選手 コメント>
雨の中のクリテリウムという事で、前々に展開しないとキツいレースになると思っていました。
レースは落車などでだんだん人数が減っていく展開で、自分は安全に後方でレースを進めながら上位を目指す形になりました。
結果14位と結果には繋がらなかったですが、この二日間でチームとして機能していたのは間違いないので、
これからチーム力をさらに高めてシーズン戦っていこうと思います。
応援ありがとうございました! 

<三菱地所JCLプロロードレースツアー カンセキ宇都宮清原クリテリウム 結果>
1位 小野寺 玲  宇都宮ブリッツェン  1:09'54"
2位 孫崎 大樹  スパークル大分レーシングチーム  1:09'54"  +0”
3位 畑中 勇介  キナンサイクリングチーム  1:09'54"  +0"
 
14位 阿曽 圭佑 ヴィクトワール広島 1:10’01"  +0’07”

DNF 桂 慶浩  ヴィクトワール広島
DNF 吉岡 拓也  ヴィクトワール広島
DNF 内田 宇海 ヴィクトワール広島
DNF 平林 楓輝 ヴィクトワール広島
DNF 渡邊 諒馬 ヴィクトワール広島