VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2021.8.06 【JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ レース結果・選手コメント】

ニュース

2021.8.06 【JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ レース結果・選手コメント】
 大分県で「JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ」が開催されました。
 別府競輪場で8月6日に「JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ」が開催されました。
 400mバンクで、ヴィクトワール広島からは桂、阿曽、中村、渡邊、平林、内田選手の6名が出場しました。

 

 2戦2敗という結果に終わりましたが、スプリントが得意な渡邊選手の活躍もあり会場は盛り上がりました。
 渡邊選手からコメントが届いています。

▼渡邊諒馬選手コメント
「初めてのバンクリーグということで緊張したがレースに集中していた。この日に向けて練習してきたので調子も良く、スタートしてからアタックに反応して2人でのスプリントになったが余裕を持って点を取る事ができた。次のポイントもとれてとても良い形でつなげられた。
 結果はでなかったけど僕個人としては成長が感じられたのでとても良かったと思う。
 バンクリーグ名古屋は対戦するチームもバンクリーグ大分とは変わるので、また集中してレースに挑み結果をだします」

 バンクリーグルール(JCL HPより引用)
バンクリーグのために考案された「3ポイントゲーム」
1.1チーム3〜4名で構成され、同時に2チームがバンクに出走。
2.スタートから2周目まではポイントが付かず(ニュートラル周回)、3周目以降の奇数周にスタートラインをトップで通過したチームがポイントを獲得し、3点先取したチームが勝利となる。
3.ただし、1レースで1選手が獲得できるポイントは2点とする。