VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2021.9.12 【秋吉台カルストロードレース 結果・選手コメント】 

ニュース

2021.9.12 【秋吉台カルストロードレース 結果・選手コメント】 
本日9/12(日)、JCL第7戦「秋吉台カルストロードレース」が山口県美祢市で開催されました。
カルスト台地の29.5kmコースを4周し、全長118kmで競いました。
 

アップダウンが激しく、中でもゴール手前で大きく立ちはだかる坂「カルストベルグ」が特徴のコースです。


レース序盤に阿曽が単独で逃げ、積極的な走りを見せましたが、その後吸収。
激しいアタック合戦の末、2周目には早くも集団が20名強まで絞られ、ヴィクトワール広島からは阿曽、渡邊、内田が残っていました。
集団から遅れていた桂と平林はその後追いつき、桂と内田が集団を牽引するなど健闘。
エース阿曽をサポートするため、内田がボトルを運ぶなど、以前よりチームプレーが機能して実りあるレースとなりました。
最後は10人ほどの集団の中から、阿曽圭佑が7位でゴールしました。

<阿曽圭佑選手 コメント>
前日のクリテリウムの調子から、絶好調ではない中でのスタートになりました。
コース的にもカルストベルグがきつい登りで、その後もアップダウンのコースなので力がないと最後まで残れないコースでした。
1周目から逃げもトライしましたが上手くいかず、その後身体がなかなか動かない苦しい状況でした。
途中逃げが決まってからは、チームメイトにもコントロールに入ってもらい、なんとか集団に食らいついていきました。
最後は10人ほどの集団になり、カルストベルグでの勝負になりました。最後は力で負けてしまい、7位となりました。
コロナ禍で日本が大変な時期にこうしてレースを走れた事に感謝して、今後も更に勝利を目指して精進していきます。
応援ありがとうございました。またよろしくお願いします。

レース中継を見る(リーグ公式YouTubeチャンネル)