VICTOIRE広島 ホーム ▶ 2021.10.10 【三菱地所おおいたアーバンクラシック結果・選手コメント】

ニュース

2021.10.10 【三菱地所おおいたアーバンクラシック結果・選手コメント】
今日10月10日(日)大分県で三菱地所おおいたアーバンクラシックが開催されました。
UCIポイント付与対象となるレースで阿曽選手が15ポイント獲得しました!
 

今回のレースは11.6km 13周 150.8kmを14チームで競いました。
住宅街を走り、アップダウンも激しく過酷なレースとなりました。
日本のトップが戦う中、阿曽選手が5位、渡邊選手は23位という結果になりました。

▼ライブ映像(阿曽ゴールの瞬間を再生)
https://youtu.be/EZzsaCT3Xjo

【阿曽圭佑選手コメント】
目標としては優勝、最低UCIポイント獲得でした。
ワンデーレースなので、どこのチームがコントロールするとかではなくサバイバルな展開から逃げが決まって、その中で勝負すると予想して、前半から強い選手などに警戒しながら自分でも攻めた走りをするようにしました。
2時間経っても逃げが決まらずいつ決まるのかと考えて、チームメイトにも警戒するように伝えると、早々にかなり強い選手達の逃げができてしまいました。
まだ集団には強い選手がいるので、待機してしまいました。2分、3分と一気に先頭集団との差が出てしまいました。しかし、その中でチームとしても自分とりょうましか残っておらずどうしようもない状態でモヤモヤしながら走っていました。
逃げが捕まることはほぼない状態になってからは、UCIポイントを少しでも獲得する走りに切り替えました。
残り1周からペースもあがり、最後の登りへ。
先行する選手を1人かわす事が出来ずに、集団の2着でゴールし、5位で終えました。
調子も今シーズンからみると良い方だったので、悔しい結果になってしまいましたが、全日本も控えているのでしっかりコンディションをあげて挑んでいこうと思います。
日頃から応援してくださるスポンサーさんや、ファンの皆様に良い結果を報告できるようにさらに精進していきます。


【渡邊諒馬選手コメント】
150.8kmと長いレースで一段と気合を入れてスタートした。
いつもいないチームがいて、人数も多かったので位置取りは慎重にした。逃げるつもりが技術が無く乗れなかった。
切り替えてエースである阿曽さんのアシストに徹した。2人でのレースになったので動きの幅が狭まったが最後に挑戦としてアタックした。
結果には繋がらなかったが後ほど阿曽さんから教えなどを頂いて、今回のレースは僕の中でも収穫がかなり多いレースとなった。
全日本に向けて練習する。