VICTOIRE広島 ホームロードレースとは ▶ 「エース」と「アシスト」

ロードレースとは

ロードレースの選手について

「エース」と「アシスト」

個人競技でありながら、チーム全員で協力して勝利を目指す、団体競技の要素が強いロードレース。レースにはチームから複数名が出場し、それぞれが得意分野や特徴を生かして役割分担をします。役割は、大きく分けて「エース」と「アシスト」の2つです。

基本的には、チームの中で一番実力のある選手がエースとして優勝を狙います。その勝利のために手助けをするのがアシストです。
平地や坂の割合などコースの構造や当日の調子などから、そのレースで誰にエースを任せるかが決まります。レースの展開によって途中でエースを切り替えることもありますが、その場合も他の全員でエースをアシスト(手助け、援助)します。

アシストの選手は、空気抵抗を減らすためエースの前を走ったり、レースの途中で飲み物や食べ物を渡すなどして、エースが最後の優勝争いまで体力を温存できるように働きます。また、他チームの動きをけん制して、自チームが有利に戦えるよう集団をコントロールします。

仕組み しくみ 特徴 セオリー 基本 基礎 魅力

更新日 : 2019年4月5日