VICTOIRE広島 ホームロードレースとは ▶ レース当日の流れ

ロードレースとは

レースを見に行こう

レース当日の流れ

レース会場ではどんなことが行われているの?という方に、広島クリテリウムを例に具体的に紹介します!

 

○広島クリテリウムの場合
大型ショッピングモールや卸売市場、ホールなどがあり車や人の往来が激しい広島市西区商工センターの道路に交通規制をかけて、一周1.7kmの周回コースを設置します。
国内最高峰のリーグ・Jプロツアーの1戦として、2018年の第1回大会ではコース30周(51km)で行われました。トップ選手が猛スピードで目の前を何度も走り抜けていくので、迫力満点です。

プロのレース前には、出場チームを紹介する「チームプレゼンテーション」が行われます。レース直前に選手たちがステージに上がり、意気込みを語ったりサインボールを投げるなどして、観客を盛り上げます。(レースによっては行われない場合もあります)
UCIレースの場合は、ステージ上で出場選手がボードにサインをする、「サインオン」が行われます。

プロ選手によるレースのほかに、アマチュア選手のレース(エリートツアー)や女性のレース、18歳以下のジュニア選手のレースなどが同日に開催されます。どのレースも沿道から無料で観戦できます。沿道には観客がぎっしり隙間なく詰めかけるため、観戦したい地点に早めに陣取っておくことをお勧めします(場所取りはできません)。

また「パレードラン」は、一般の方がレースコースを楽しくパレードする催しで、自転車を持って来場した方は誰でもその場で参加できるため、子どもから大人まで幅広く参加しています(レースによっては子供のみなど制限がある場合もあります)。

レース会場には各チームのテントが並んでいて、プロ選手たちがウォーミングアップや休憩、ミーティングなどしているところを間近で見ることもできます。

また、飲食・自転車関連商品・地域の団体や企業などのブース出店もあり、ヴィクトワール広島のブースでは、チームの応援グッズを手にいれることもできます。

☆広島クリテリウム ホームページ

基本 基礎 見所 見どころ

更新日 : 2020年5月12日